MENU

色々なムダ毛処理と問題点記事一覧

 

お手軽ですが、肌の角質まで削り取ってしまいます。海やプール、アウトドアで楽しむバカンス、バレエの発表会やスイミングのレッスン...。大切なイベントの前にムダ毛の処理をしていなくて慌ててしまったという経験、女性なら誰でも一度はあるのではないでしょうか。また、気を緩めがちなスーパー銭湯などもムダ毛の処理をしていないと、恥ずかしい思いをしてしまいがちです。お母さんだけではなく、お子さんもムダ毛が気になる...

 
 

毛が引っ張られて、鳥肌状態になってしまいます。ムダ毛の自己処理方法として定番ともいえる、毛抜きや脱毛テープはどうでしょうか。脱毛テープは価格が安く、毛抜きなら誰でも1つは持っているアイテム。手軽に自己処理できますが、どんなデメリットがあるのでしょうか。脱毛テープは要はガムテープのイメージで、ペタペタと肌に貼って一気に引きはがすことによって、ムダ毛を引っこ抜く方法です。簡単にたくさんのムダ毛を抜くこ...

 
 

肌を保湿する効果はあります。数年前、話題になった豆乳などの天然成分を配合した抑毛ローション。毛を抜くのではなく、徐々にムダ毛を薄く、うぶ毛のように柔らかい毛にしていくという効果のあるアイテムです。なかでも豆乳成分を配合した抑毛ローションが多いのは、豆乳の原料である大豆に含まれるイソフラボンにムダ毛を抑制する効果があるからだと言われています。美容にこだわる方なら誰でも聞いたことがある成分だと思います...

 
 

脱色は刺激が強く、肌への負担が強すぎます。手軽に見える自己処理方法のなかでも、肌に負担を考えるとオススメできない方法があります。それがムダ毛の脱色です。それって、ちょっと昔のムダ毛処理方法じゃない?と思うかもしれませんが、種類は多くないものの、今もドラッグストアなどで見かけますよね。ムダ毛を剃るのがイヤという人は今も、脱色剤を使用していることも多いのではないでしょうか。夏に毎日のようにプールで日焼...