MENU

子どもにムダ毛の悩みを我慢させないことが大切

我慢させるより、解決方法を考えてあげましょう。

学校でも社会でも嫌がらせをうけたり、いじめられたり、からかわれたりといったことが全くなくなるということは残念ながらありません。

皆さんも人から言われることがそれほど重要ではない、気にする必要がないと理解できるようになったのは、社会人なって自分にある程度自信が持てるようになってからなのではないでしょうか。

それにもかかわらず、私たち大人は子供に「そんなことは気にしないでいい」「からかわれても気にするな」と言ってしまいがちです。

子供の頃、友達にからかわれたり、人前で恥をかいた経験による心の傷はなかなか癒えることがありません。
私たち大人でも、子供のころ友達にからかわれたり、大人に我慢させられることで傷ついたという苦い思い出がひとつやふたつあるはずです。

大切なのは我慢させないこと。
本人が気にして悩んでいるのに、気にしないでいいと言って片付けたりしてはいけません。
我慢させることで、こっそり一人で自己処理して肌を傷つけてしまったり、おこづかいをすべて脱毛テープや除毛ムースに使ってしまった...ということも起こりかねないのです。

大人の女性であってもムダ毛の処理に悩んで脱毛エステに通ったり、家庭用の脱毛器を購入したりするのですから、子供が悩みを訴えたときには真剣に耳を傾けてあげるようにしましょう。

子供であっても、女の子ならムダ毛はないほうがいいもの。
コンプレックスなく伸び伸びと学校生活を送れるようにするためにも、お子さんと一緒にムダ毛処理の方法について話しあってみるのもいいのではないでしょうか。