MENU

濃いムダ毛は、いじめられたり、からかわれる原因にも。

あだ名をつけられていじめを受けたことのある女の子もいます。

大人である私たちは友人や同僚の腕にムダ毛が目立っているからといって、それをわざわざ話題にすることはありません。

しかし、子供の場合は状況がまったく変わってきます。
友達同士の間で毛深いとからかわれるくらいならまだいいほうです。
男の子から毛深いと言われて恥ずかしい思いをしたり、中には好きな男の子にからかわれて登校拒否になってしまう...というケースもあります。

子供の間ではとにかく「みんなと同じ」が一番重要なこと。
自分だけワキ毛が生えてきた、手足の毛が濃くなってきたとなると友達にも話すこともできずに悶々と過ごしてしまう場合が多いのです。
ひどい場合になると、それがいじめにまで発展することもあります。
毛深いことでからかわれ、あだ名をつけられていじめを受けたことのある女の子もいます。

学校は先生がいるのだから、そんなこと起こるかしら?と思っても、
男の先生だったり年配の女性の先生だったりすると、なかなか配慮してくれないことが多いのです。

実際、クラスの男の子がある女の子のことを「毛深い」といってからかったことを、学級会で先生が話題にし、クラス全員の前でからかった男の子に謝罪をさせたというケースもあります。

こんな風にして、からかわれた女の子の心の傷が癒えるでしょうか。
からかわれたときにその場にいなかったクラスのメンバー全員の前で話題にしてしまったことで、その女の子が毛深いというイメージがクラス全員に定着してしまったことになります。

子供は一度、嫌な目にあるとスカートやショートパンツを履いて学校に行くのを嫌がったり、水泳の授業を休みたがったりするようになります。
そんなことにならないためにも、親が気づいて、ムダ毛処理について相談にのってあげるようにしたいものです。