MENU

本人がムダ毛を気にしているのでなんとかしてあげたい

悩みを相談することもできずに一人で悩んでしまうことも。

大人の私たちは友達同士の間でも
「ワキの毛が濃いから悩んでいる」
「脱毛サロンに通い始めた」
といった会話を平気でするものです。

脱毛エステに通いはじめたという女性の半数以上が友達の口コミで脱毛を考えはじめたと答えているほど、私たち女性の間でムダ毛処理についての話題は一般的なものと言えます。

しかし子供同士となるとそうはいきません。

大人になってしまえば、ムダ毛の濃さの個人差はそれほど気にならないかもしれませんが、子供の場合、周りの友達がまだツルツルのワキなのに、自分だけムダ毛が気になるようになってきたというケースもあるからです。

また大人と違って、子供は悪気なく思ったことを何でも口に出してしまいますから、
「毛深い」「ひげが生えている」「ワキ毛が生えている」
といった直接的な指摘を友達から受けて深く傷ついてしまうことがあるのです。

また子供の性格によっては、その悩みを親に相談することもできずに一人で悩んでしまうこともあります。

大人から見ればそれほど気になるほどのムダ毛でなくても、友達と違う、学校でからかわれたという現実に子供たちは耐えられないのです。
また、大人に言えず、一人でお風呂に入った時にカミソリで自己処理をして、体や顔を切ってしまうようなことがあれば大変です。

もし子供がムダ毛のことについて話をしてきたら、呆れたり笑って話をそらすようなことはせずに、きちんと話を聞いてアドバイスしてあげたいものです。
お母さんの中には脱毛エステに通っているという方もいるかもしれません。
お子さんが一緒に施術を受けられるようなサロンで親子揃って脱毛してみるというのもいいのではないでしょうか。